私たちが誇るのは55年以上続く伝統校であるということ。 しかし、選ばれ続けるのは容易なことではなく、常に実績をともなう信頼が必要です。
本校は、平成26年4月1日「専修学校香川県美容学校」へと改称し、新しい時代に向けてさらに前進を始めました。
美容業界へ憧れを抱いた若者たちを、おおらかに受け入れ、確実に将来の夢を叶えるレールへと導くことが何よりの使命だと考えています。



昭和35年4月

昭和59年9月
平成9年

平成10年4月
平成18年10月
平成26年4月
高松市楠上町に香川県立高松職業訓練所美容科及び、
同丸亀職業訓練所美容科の代替美容師養成施設として開校
高松市楠上町に新校舎落成(鉄筋4階建)
2年制の導入にむけて改築
モニターサロンの設置
1年制から2年制へ移行
高松市松縄町に新校舎落成(鉄筋4階建)
専修学校香川県美容学校に改称




昭和35年4月香川県立高松職業訓練所美容科及び、同丸亀職業訓練所美容科の代替美容師養成施設として開校。
以来、昼間、通信生をあわせて、約5000名の卒業生を、県内外に送り出しています。
この学校を運営している香川県美容業生活衛生同業組合は「環境衛生関係営業の運営の適正化に関する法律」(昭和32年法律第164号)に基づいて設立し、県知事の認可を得て登記を行っている法人組合であります。
従って、営利を目的としないことが設立要件のひとつになっており、この不動の原則により学校は運営されております。
よって本校は、みなさんが安心していきいきと学び、美容師の免許を受けるまで、責任指導を行います。、
将来、多様な時代のニーズに対応していける、実力のある美容師の育成を目指しています。